THE GRAND47を取材しました【フレンチ/銀座】

秋の香りが漂い始めた9月某日。

銀座シックス13階にある多目的ラウンジ「THE GRAND GINZA」内のフレンチレストラン「THE GRAND47」(ザグランフォーティーセブン)にて秋のメニューをいただきました。

THE GRAND47 内観

THE GRAND47は国産の食材にこだわり、日本全国47都道府県のおいしさを皆様にお届けしています。
季節感のある和を掛け合わせたフレンチは、ここでしか食べられないものばかり。
幅広い層のお客様に支持されており、7月の掲載スタートとともに、大変予約の多いレストランとなっております。

同フロアにあるカウンターフレンチ「極 -KIWAMI-」も招待日和では大変人気のレストランです。
>>「極 -KIWAMI-」の取材記事はこちら

2020年9月のメニューはこちら

招待日和でご提供いただくコースは「12,000円コース」(13,200円税込)

※季節や仕入れによりコース内容は変わりますのでご了承ください。

食前酒にはモエシャンドンを

アミューズ

北海道甘エビのタルタル 白醤油のジュレ
クリーミーなワサビのソースがアクセントです。

冷前菜

みやぎサーモンのミ・キュイ 野菜のガトー仕立て ずんだソース

バルサミコとずんだソースのコントラストが美しい

ミ・キュイ(mie cuit)とは「半分火が通った、半生」を意味するフランス語です。
絶妙な火加減で火入れをされたサーモンは絶品!


キャビア、人参のピューレ、柿とのコンビネーションもお楽しみください。

パン

お料理と共に焼き立てのパンを。こちらは米粉パンでした。

スープ

フォアグラとアワビのスープ仕立て 春菊の香り

こちらは以前「KIWAMI」のスペシャリテでも提供された一皿です。

アワビの出汁に春菊の苦みがマッチしたスープ。
表面を焼き上げた香ばしいフォアグラをくずしながらいただきます。
スープに入った押し麦との食感の違いもお楽しみいただけます。

魚料理

※魚料理はこちらからお選びいただきます。

・宮城県産平目とウニの粕漬けロティ 郷土料理「あざら」を添えて
・オマール海老のロティ 国産キノコの香りと甲殻類のソース(+1,800円)
・島根県産クエのナージュ 松茸の香り チョリソーのアクセント(+2,000円)

宮城県産平目とウニの粕漬けロティ

ふわっふわの平目と濃厚な雲丹の粕漬けが相性抜群。

ここで使われているあざらとは気仙沼の郷土料理であり、メヌケのあらと白菜の古漬けを酒粕と共にトロ火で煮込んだもの。

少しクセのある「あざら」がさりげなくアクセントになっています。

和の要素をふんだんに取り入れた、THE GRAND47ならではの粋なメニュー。

もうひとつの魚料理もご紹介。(こちらは追加料金がかかります)

島根県産クエのナージュ

透き通ったこちらのスープは、島根県産のクエにチョリソーを掛け合わせた逸品!
少しだけ口の中に残るチョリソーの辛みがまた面白い。
魚と肉のダシを掛け合わせるという、シェフの技が光ります。

松茸とクエの身を浸しながら「食べる」贅沢すぎるスープです。

肉料理

山形「雪降り和牛尾花沢」フィレ肉 トリュフソース
※+800円でフォアグラのポワレをお付けできます。

驚くほどの柔らかさ!

寒暖差の大きい尾花沢の気候を耐え抜いた雌牛は、この厳しい環境から体を守るために自然と上質な脂を身につけるそう。

焼き加減はミディアムレア。絶妙な火入れです。
一口食べて驚きの柔らかさ!!口いっぱいに広がる肉の旨味・・

サシはきめ細かく、口どけはフワッと軽やか。
さすがの「雪降り」です。

>>雪降り和牛尾花沢について

飲まずにはいられない赤ワイン!失礼します。
フィレ肉とのマリアージュを堪能いたしました。

お料理に合うワインはソムリエさんのお尋ねくださいね。

フルコースの余韻に浸りながら、いよいよデザートの時間です。

デザート

※コーヒー又は紅茶が付きます

デザートはその日のメニューからお選びいただきます。
ここでは2種類ご紹介いたします。

・山梨県産 巨峰のコンポート香草(ディル)のジュレ バニラアイス添え 

山梨県産の巨峰を赤ワインとスパイスで濃厚なコンポートに。
爽やかな香草のジュレとコク深いバニラアイスとともにお召し上がりください。

・長野県産信州リンゴのタタン 紅茶のアイス添え

長野県産の信州リンゴをキャラメルと煮詰めて、クランブルに。
表面をパイ皮で包み焼き上げることでサクサク、ほっこりしたやさしい味わいのタルトタタンに再構築された秋のデザート。

紅茶のアイスと濃厚なキャラメルソースがまたアクセントになっています。

コースは以上となります。

秋の食材をふんだんに用いた、季節感あふれる渾身のフルコースでした。

※+300円(税サ別)で、ラウンジ「THE GRAND GINZA」自慢の逸品「苺のミルフィーユ」にも変更可能です。

苺のミルフィーユ

「地方創生」ドリンクも国産にこだわる

THE GRAND47では取り扱う食材はほぼ国産のもの。
ご用意するお飲み物にも「地方創生」のコンセプトが表れています。

・富士プレミアムスパークリングウォーター
炭酸水はこちらを使用しています。

・古昔(いにしえ)の美酒

10年以上長期熟成されたヴィンテージの日本酒です。
古来日本にあった、「お酒を熟成させ、時を経た芳醇な香りや味わいを楽しむ食文化」を再現しています。

THE GRAND47のお料理は和の要素も多いため、日本酒との取り合わせもお薦めです。

またこちらの【葵鶴】は、マネージャー高橋さんの故郷「兵庫県三木市」のもので、特に思い入れがあるお酒なんだそうです。
そんなお話しもたくさんしてくださり、楽しい時間を過ごすことができました。


このように、地元の食材やお酒も積極的に取り入れ、スタッフ皆さんの想いのこもったメニューをご提供しております。

素敵な笑顔でおもてなし

左)秋岡シェフ
右)高橋マネージャー(兼ソムリエ)
いつもありがとうございます!

東京にいながら、47都道府県を堪能できる「THE GRAND47」。

現在、レストランでは衛生管理にしっかり配慮をしお客様をご案内しております。
※席間も距離を確保しております。

お客様にはきっと素敵なお時間をお過ごしいただけるはず。
ぜひ大切な方とご利用ください。

104-0061
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX13F(THE GRAND GINZA内)
>>THE GRAND47

タイトルとURLをコピーしました